Ruru saizeria.

変わってしまう何か変わり続ける何か

同性が怖いことからの脱却、そして混沌

私は3年ほど前にとても仲が良い友達が居ました。その子は岡山に元々住んでおり、ちょくちょく深夜バスに乗っては彼女の家にお泊まりしにいったりしました。

彼女が上京したいといい、すぐ上京してきました。嬉しかったです。上京してすぐに彼女は変わってしまいました。

「可愛くて細くてファッションセンスがいい子と仲良くなりたい、一緒に歩きたい」と言い始め私はそこに含まれて居ませんでした。

 

 

信じていた友情が音を立てて崩れ落ちるのを感じました。人間関係をどんどん変えていく彼女に私は戸惑い、彼女の前で自傷的な事をしてしまい完全に嫌われてしまいました。

私が被害者のように書いていますが、

普通の人が急にメンヘラ的な行動を目の当たりにしたら傷つくと思います。

 

久々に彼女と会って飲んだ時は業界の話ばかりでした。元々彼女は才能があったので上手くやれててそれは嬉しい事です。

 

それからというもの、「可愛さ」や「細さ」、「ファッションセンス」などは私の恐怖の対象になりました。同性は怖いし、信じられなかったです。

最近は1週して開き直り自分の性別がよくわからりません、働いている場所も可愛い子が多くて癒されます。だから、私は多分 元気になりつつあります。