Ruru saizeria.

変わってしまう何か変わり続ける何か

岡崎さん

岡崎京子さんのことを考える。
岡崎さんは漫画家で、事故で漫画を描けなくなってしまった。本人は生きているけどもう漫画はかけないだろうと皆が言っている。
岡崎さんを人間として考える、
事故から目覚めて自分が大好きな漫画を奪われてそれでもこの世界には漫画が溢れている。私だったら耐えられなくなってしまい漫画などの情報を一切受け付けられなくなるだろう。
もしかしたら漫画を書くのが嫌いでせいせいしたかもしれない。そういう可能性だってある。でも漫画以外でも彼女の失った物は多すぎる。

ヘルタースケルター」が映画化されて嬉しかっただろうか、私だったら全然嬉しくない。
書きかけの漫画が集められた本が出て嬉しいだろうか。わからない。
生きているのに皆彼女の事を死んだ人のように語る。それが私はとてもつらい。
「もしかしたら!」なんて事を言いたくないし、皆聞きたくない。でも漫画がもう描けないからって名作を残した人を死んだ人間みたいに言ってほしくない。
私は彼女の事を全然わかってないのだろう。
それでも考えずにはいられない。