読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ruru saizeria.

変わってしまう何か変わり続ける何か

「むきだし」であること

いつの頃からか、「むきだし」で生きてみようって思った。

そもそも私は頭が悪いから駆け引きや計算に向いてない。
園子温の「愛のむきだし」を見てゆらゆら帝国の「空洞です」を聞いた時「ああ、むきだしでもいいんだ」と思った。
好意はちゃんと伝えよう、悪意はちゃんと示そうとなんとなく思った。

コミュニケーションを取るに当たって「むきだし」でいるという事は隙があって無防備な状態だと思った。
私は傷つくのが怖い、それは誰しもそうだろう。でも傷つかないと見えてこないものがある、私はそれが見えたり触れられるのなら傷ついても構わない。その先を見たいから。

自分が「むきだし」のまま、相手に認められたらそれは大変嬉しい事だ。
否定してくれたっていい、そこから生まれるコミュニケーションもあると思う。
ただたまに「むきだし」でいるのも辛くなる、
でも仮面を被ったり相手に駆け引きしたり下手に計算するよりは遥かに「むきだし」でいた方が私は楽なのだ。

素直であることとむきだしであること、私にはそれしかない。
「むきだし」である自分がちょっぴり好きだ。そういう自分を大切にしていきたいと思う。