Ruru saizeria.

変わってしまう何か変わり続ける何か

紙の月感想・ネタバレあります

 

 

宮沢りえ主演の「紙の月」を見た。何だか全然見るつもりなかったけど、評判が良かったのとポスターを見て「そういえば私宮沢りえ、好きだったな」と思ったからだ。

大体映画の感想を書くときはひと通り人のレビューを見てから書く。

「全然共感できなかった、つまらなかった」と書いている人が多くて『共感できる』ってそんなに重要な事なんだろうか?今回みた「紙の月」の主人公は銀行員で主婦で女だった。私が少なくとも共感できる部分は「女である」という事だけだった。「共感」したくてみんな映画を観に行ってるのだったらやめたほうがいいと思った。

映画は普段見れない非日常をすこし開いた隙間から見てる感覚が好きだ。私にはできないような事、知らないもの、それを観れるのが好きだ。

あらすじ

バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。(あらすじを書くのが苦手なのでyahoo映画から拝借)

感想

平凡な主婦が金銭感覚が麻痺してしまい、横領をしてしまう所までを綺麗に丁寧に描いていた。主人公の宮沢りえは決して器用な人間ではない。見ていて「いつバレるんだろう?」とハラハラした。できるお局の小林聡美の存在感が半端ない。平凡に生きていた人間が若い男に「ちょっと気があるんですよ〜」と気持ちをチラつかされただけで、落ちてしまう。「あーあー」という気持ちでみていた。

夫との価値観のすれ違いや自分への関心のなさ、パートなどする必要のない家庭なのに働く宮沢りえ、『埋めようとしても埋まらない何か』を最初から彼女は抱えているようだった。

恋に堕ちていく宮沢りえがどんどん綺麗になっていくのが見ていて気持ちよかった。最初は肌なんかガサガサで「化粧してるんすか?」って感じなのに、どんどん綺麗になっていく。かわいい。

主人公の感情が大きく動くシーンはスローモーションになり、わかりやすかった。

腕時計が何度もでてくる、一番最初は宮沢りえが夫に安い腕時計をあげるシーン、夫がカルティエかなんかの時計を宮沢りえにあげるシーン、大島優子が時計をみせつけるシーン、宮沢りえが光太くんに高い時計を買ってあげるシーン。それは宮沢りえの心境・お金の金銭感覚を表しているものだと思った。

横領がバレて真面目に生きてきたお局・小林聡美が好き勝手にしっちゃかめっちゃかした宮沢りえを見て「今までの自分の人生は何だったのだろう」と考え始めるシーンが良かった。ちゃっかり寿退社する大島優子も良かった。

だが後味は悪い。考えさせられる。「自分だったら」と考えるし、余韻が残る。

それはいい映画の証だと思う。女性に見てほしいなと思った。