Ruru saizeria.

変わってしまう何か変わり続ける何か

今日は久々に友人と長くカラオケをし、話し込んでいた。

友人と別れた途端、視界があやふやになり、ずっと手がしびれていたのだけどその手のしびれが体全体に回ってきたような気がした。
「危ない」と思ったが、
遅く、上半身と下半身が別々にあるような感覚が襲ってきた。少しでも遠くを見ると怖くて進めなかった。今までにない離人感だった。幻聴も聞こえ始め、耳を押さえた。

どうしていいかわからず、携帯もいじれない状態でただ歩くしかなく
なんとか家についた。

久々にコントロールできないようなパニック状態に陥り、怖くて死ぬかと思ったけど生きているのでなんとかなった。
家に帰り薬をガバリンコして今に至る。
私は元気です。