Ruru saizeria.

変わってしまう何か変わり続ける何か

良い子悪い子ふつうの子。

正しい選択が誰しもが喜ぶものではなく、正しい選択は側から見て「うん、君の言っていることは正しいし、美しい」と褒められるものだとしても、私はずっと息苦しかった。 いい子であれといつも言われていたがいい子にしてたってだれも褒めてくれない、それが…

災害

結果的に私は死ななくてなんとか生きています。それは奇跡的な事が多々あったのと、凄く働きたかった場所で働けていること、応援してくれる人がいること。 何度も縫うほど腕を切りました。多分これからも縫ったりするんじゃないかとぼんやり思います。しかし…

本当に凍った心を持っている人の心はなかなか溶かせない。 誰しもに薔薇の花の棘のような部分が存在していて、そこを触ると少し痛い。覚悟を決めた人間というのは、本当に強い生命力を発揮する。 「死」を決めた人間はそこへわずかなエネルギーを注ぐ、最後…

死んでなくてごめんなさい。

もうちょっと頑張ろう、もうちょっと頑張ろうと誤魔化し続けて1ヶ月経ちました。死んでなくてごめんなさい。 もう少し生きてみようかな?と思った所、心中相手からLINEがあって、またどうしようかなと揺らいでいるところです。 言い訳ですが私が死のうと計画…

Here's to the fools who dream.

死ぬことばかり考えている。私は幸せなのにどうして死にたくなるんだろうと罪悪感に苛まれる。 医者にも行けなくなってしまった。1人で全然外に出れない。お金もない。 心中の話はなくなったような気がして、それなら1人で死のうと思った。 死ぬのなら1発で…

もう痛くない

「生きて欲しい」といろんな人から言われた。「死んだら悲しい」とも。 それを言ってくれたのは凄く嬉しかった。だけど死を覚悟している人間に「生きて」は暴力的な言葉だと思った。言われるたびに胸がチクチクと痛んだ。 Twitterを始めてからたくさんの人間…

遠回りしてた さよなら 戸惑っていた さよなら。

耐えられないことが立て続けにあり、もうダメだとなった時に今まで一生懸命話を聞いたり相談に乗ってた人たちにSOSをだしたが全員連絡はなかった。後から連絡をくれたりしてくれた人はいたが皆軽い返事だった。べつに相談乗ることを「のって“あげている”、話…

不透明な夢

小学生の頃好きだった男のコに告白する悪夢をよくみる。彼は私と真逆でスポーツができ、毎回テストが100点だった。そういうところが好きだったわけではない、彼は寒い日も暑い日もずっと同じ格好をしていてあれは今思えばネグレクトだったんじゃないかと思っ…

サラダチキン

Netflixドラマ「13の理由」を見ている。元々あった事件をきっかけにしているらしく、1話1話がとても重いが引きがよくてどうしても気になってしまう。 ハンナが孤立した理由は高校生の時の私とよく似ている。そうして、1人を疑い始めた瞬間もう誰も信じられな…

“人生を選べ”

私はSNSでのやりとりよりもお互いが直接対面してのやりとりの方が100倍の価値を持っていて、そしてそれはとても意味のあることだと信じています。 正直にいうとTwitterはなくなればいいと思うし、ある日Twitterがなくなった時 皆の動揺を思うとワクワクしま…

同性が怖いことからの脱却、そして混沌

私は3年ほど前にとても仲が良い友達が居ました。その子は岡山に元々住んでおり、ちょくちょく深夜バスに乗っては彼女の家にお泊まりしにいったりしました。 彼女が上京したいといい、すぐ上京してきました。嬉しかったです。上京してすぐに彼女は変わってし…

空白を睨んでみる

人のことを心配したり親身になるのはもうやめようと去年思った。でも今年は1つだけかけてみたい、それがうまくいったら私はとても喜ぶだろう。他人のことなんて動かせないし、腹の底では何考えてるかわからない。しかしそこが面白い。私はいろんな期待に裏切…

おやすみなさい

熱でバイトをお休みしました。 なんとか続いています。 周りの人間のおかげだと本当に思います。年単位であってない人などがバイト先に遊びに来たりして、凄く嬉しいです。バイト先の人たちが優しかったりして救われています。 「今」はとても充実しています…

紫陽花が嫌い

死の匂いがする。紫陽花を見るとうんざりする。私は最近あの花が嫌いだと感じた。梅雨に咲く花だからだ。あとたまに葉の裏にビッシリてんとう虫が付いていたりするから。 この時期はいつもそわそわしている。 父がまだ生きているような気がたまにする。もう…

覚えてる?私のことを。

寝れないので文章を書きます。2017年は頑張るぞ!といって週2ですがバイトをはじめました。私がバイトをしているところはシェアハウスの3階にあり1〜2.4〜5と人が住んでいます。住んでいる人は殆どが知り合いでもう5年ほどの付き合いになる人もいます。なん…

自分なりに一生懸命だった、という事は相手に伝わらなければ意味がない

何者かになんかもうならない!

ライターになんてもうなれない!なぜなら学ぶ意欲がない。知識がない。 私が望んだものにはわたしはなれない。それでいい! 私が納得できるものであればそれでいい、しかしそれは一体なんだというのか。 キラキラしたい、その裏がドロドロの苦労に塗れていて…

人間仮免中 とその『つづき。』

寝れないので文章を書きます。 最近読んだマンガの事です。 人間仮免中つづき (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) 作者: 卯月妙子 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/12/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 卯月妙子さんの漫画「人間仮免中…

あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2016/06/03 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (4件) を見る バードマン あるいは無知がもたらす予期…

大人になるってきっと優しくなる 事だと信じていた

たくさん会いたい人がいるたくさんやりたいことがあるたくさん見たいものがあるたくさん読みたい本があるそれだけでもう私は良くてそう思える毎日が大好きで手放したくない

自転車。

唐突にこの間「自分は20を超えた人間なんだ」と自覚される出来事があった。今まで私は自分の肉体と心の年齢が比例していないな、という感情があってなんだか宙ぶらりんな気持ちでいた。私は本当に大人になったのだろうか、と。その日は晴れた日で、私はでか…

ろうそくの火

私の母が、自分の親のことを「おかあさん」と呼んでいるところを見たことがないなと今日ぼんやりしていた時に初めて気がついた。母の母、私にとってはおばあちゃんである。おばあちゃんはとても強い人で、母の弱さをわかってあげれなかった。そして私の母も…

聲の形を何度目か忘れてしまったけどまた見に行ったらずっと最近泣けなかったのに、自然と涙がでた。展開など全部わかっているのに何度も泣いてしまう。泣くために見に行っている訳ではない。人は本音を話してくれない。私みたいな人間には話してくれない。…

.

秋と冬は思い出が濃すぎて、毎日戦いだ。他人や物や景色の綺麗さに触れると自分が本当に汚く思える。そういう自分を受け止めようと考えるのだけど全然うまくいかない。昔よりは自分のことは好きなのかも。それでも自分を傷つけたくて、そうすると他人が悲し…

心なんて一生不安さ

というフレーズに心底安心した覚えがある。大人になってもそれは変わらない。最近あまり涙を流さなくなった。大人になると泣かなくなるっていうけど私は泣きたいな。思いっきり笑って、思いっきり泣いて死にたいな。多分それが1番幸せなんだと思うな。

好きだよ

私はいろんな人が好きだよ。とてつもなく好きだよ。それをどう伝えていいかたまにわからなくなるんだ。昔どうしても伝えたくて仲良くなりたい人がいた、だから一緒にお酒を飲もうとかいろいろ誘った。向こうも気を使ってくれていて、私はそこに甘えていたん…

.

人と仲良くなると調子にのってしまって素を出すと相手に嫌われてしまうので人とは距離を置くようにしたい1度心を閉じてしまうと開き方がわからなくなるかもしれないのが怖い

幸せ

中学生の頃は人に好きになられると次は嫌いになられると思っていたから人の好意が怖かった。「幸せ」がくると「不幸」が来てしまうから喜びは怖かった。いつかはなくなってしまうものならば最初から無ければいいと思った。最近も少しそう思う、それはなぜだ…

岡崎さん

岡崎京子さんのことを考える。岡崎さんは漫画家で、事故で漫画を描けなくなってしまった。本人は生きているけどもう漫画はかけないだろうと皆が言っている。岡崎さんを人間として考える、事故から目覚めて自分が大好きな漫画を奪われてそれでもこの世界には…

朝方の誰もいない道路にゴロンってしたい

最近は岡崎京子の漫画に再熱。pinkを読み直したらそれはそれは面白くて、現代のおとぎ話みたいだと思った。それから東京ガールズブラボーのコラボTが出るらしく(神様買ってください)その影響で東京ガールズブラボーを始めて読んだ。なんだかいつも感じていた…